男性の彼女欲しいアピールは逆効果

ときどき一緒に遊ぶグループに、彼女が欲しいって必死な男性がいるんですけど…。

その必死さって逆効果だなあって思います。
安売りしても買い手がつくのは、女性だけだと思うんですよね。
もちろん女性の場合だって、安売りすると相手の男性にロクな扱いを受けないことが多いから、そう簡単にするものじゃありませんけど。
男性の場合は、余計にするものじゃないと思うのです。

まず生き物とのしての特性で、女性って選ぶと思うのです。
たまに「高望みする女が増えたから結婚率が~」っていう男性もいますけど、
女性からすると、それ当たり前なんですよね。

いろいろな結婚の形があるとはいえ、是非結婚したいと考える女性にはやはり子どもを持つことを視野にいれているケースが多いわけで。
子どもを持つっていう行為が、女性の場合は自身の不便さと出産のリスクとセットなわけですよ。
もともとは出産って命がけの行為だったわけですし、現代だって出産によってかかる体へのダメージは無視できるものじゃありませんしね。

えっと何が言いたいかというと、つまり「彼氏とにかく欲しい!」と言っている女性であっても、
本当に誰でも良いわけじゃないっていうことです。

男性は全ての女性を「異性」として意識するけれど、女性は好みの男性しか「異性」として認識しないなんていう話がありますけど、
これはその通りだと思うのです。
そして警戒心も女性のほうが強いんですよね。

だから「とにかく彼女が欲しい!」とアピールしまくっている男性を見ると…
その人がパッと見でタイプだとか、よほど条件が良い男性でない限り、警戒心のほうが先に立つのです。
なので女性はその男性に対してちょっと壁を作るし、
「あの男は、女なら誰でもいいんじゃないか」という印象も持つので、評価も低めになってしまうのです。

だから男性の彼女欲しいアピールは逆効果にしかならないような気がします。
もちろんその男性のことを既に好きな女性にとっては、違うかも知れませんけど…。

我が強い彼女が自分から謝ろうとしないのがストレス

私は現在付き合っている女性がいます。初めてできた彼女で、付き合って1年半程になりますが、最近、その女性との考え方の違いが気になり始め、悩んでいます。

中学、高校と男子校で育った私は、女性に対する免疫があまりなく、なかなか女性の前で自分を表現することができませんでした。

そんな私でしたが、大学に入ってサークルに入ったことがきっかけで、ようやく彼女を作ることができました。(といってもサークルに入ってから2年かかりましたが…)初めてできた彼女だったこともあり、付き合いたての頃はそれはそれは浮かれていました。クリスマスや初詣など、今まで全く楽しさを感じなかったイベントも、彼女と一緒ならすべてがハッピーでした。

そうこうしているうちに現在に至るわけですが、冒頭のように、考え方の違いで悩むようになりました。端的に言うと彼女は「我が強い」のです。たとえば口論になったとき、たとえ彼女に非があるとしても、絶対に自分から謝ることはありません。楽しく話をしていても、ひとたび彼女の意見と違うことを私が言うと、何も言わずに機嫌が悪くなり、こちらが「どうしたの」と尋ねると「いまのおかしいよね?」とつっかかてきます。このように何かと好戦的な性格の彼女に対し、私は極度の事なかれ主義。極力争いを避けて生きてた人間です。いつも折れるのは自分です。最初の頃はそれもいいかなぁと思っていたのですが、最近は「またか…」とため息がでてきます。

彼女のことを嫌いだったり、彼女の性格を否定しているのではありません。彼女のことは好きですし、性格だってむしろ「自分をしっかり持っている」ことは彼女の良さなのだと考えています。そのうえで、考え方が違うことに私がストレスを感じてしまっていることが悩みなのです。友人に愚痴っても「女の子なんてそんなもんだって」と言われます。

やはり私は独り身がお似合いなのでしょうか。だからといって別れを切り出す勇気もないのですけどね。恋愛って難しいですね。